ウェディング会場のご紹介Ⅱ

ベーリックホール

1930年アメリカ人建築家J.H.モーガンの設計による、スパニッシュスタイルを貴重とした
イギリス人貿易商B.R.ベーリックの邸宅。
現存する山手外国人住宅の中では、最大規模の横浜市認定歴史的建造物です。


エリスマン邸

日本の建築界に大きな影響を与え「現代建築の父」と呼ばれたA.レーモンドの設計。
1926年、絹糸貿易商エリスマン氏の私邸として建築。異人館的要素を持ちながらも軒の水平線の強調など、
レーモンドの師匠であるF.L.ライトの影響も見ることができます。


山手111番館

1926年、J.H.モーガンの設計によりアメリカ人J.E.ラフィン氏の住宅として建築。
ローズガーデンを見下ろすスパニッシュスタイルの赤瓦と白い壁が美しい西洋館です。